STRAMD OSAKA-戦略経営デザイン人材育成講座

STRAMD OSAKA|戦略経営デザイン人材育成講座

企業経営をデザイン思考する

「経営 × デザイン思考」で戦略経営デザイン人材(デザイニスト)の育成を目指す、ニュー・ビジネススクール「STRAMD」

日本型CI(コーポレート・アイデンティティ)の第一人者である中西元男氏(PAOSグループ代表)の主宰により第8期を迎えたSTRAMD東京の講座を大阪版に再編集した、短期集中プログラム「STRAMD OSAKA」は、今年で第6期となります。
STRAMDの基本は、デザイン思考をいかに企業存立や事業方針の中に企業の経営レベルから取り入れるかにありますが、最近ではICT*1やAI(人工知能)の活用も重要なテーマになりつつあります。

*1 : ICT
Information and Communication Technology:情報通信技術

STRAMD OSAKA5周年記念講演

講師のご紹介

中西元男先生

中西 元男NAKANISHI MOTOO

PAOSグループ代表
戦略デザインコンサルタント

神戸出身。経営者に理解されるデザイン理論の確立とデザイン手法の開発をテーマに研究と実践を重ね、現在までに約100社のCI・事業戦略デザインなどを手掛け、多くのサクセスストーリーと代表事例を世に送り出す。
2010年~「STRAMD」を主宰。

CI(Corporate Identity)実績
マツダ
ダイエー
KENWOOD
ブリヂストン
神奈川県
東レ
INAX
NTT
キリンビール
毎日新聞
伊藤忠商事
ドトールコーヒー
日産自動車
AOKI
早稲田大学
KENPRIA
HANSSEM(韓国)
中国服装集団(中国)
など約100社
益田文和先生

益田 文和MASUDA FUMIKAZU

株式会社オープンハウス代表取締役
デザインコンサルタント

1973年東京造形大学デザイン学科卒業後、建設会社、デザインオフィスを経て、1978年以降フリーのインダストリアルデザイナーとして家電をはじめとする様々な製品のデザイン開発や地域産業のデザイン振興など国内外のプロジェクトに関わる。2000年から2015年まで東京造形大学デザイン学科教授(インダストリアルデザイン/サスティナブルプロジェクト)を務める傍らグッドデザイン賞審査委員、公益財団法人日本デザイン振興会理事などを歴任。現在、東京造形大学、京都工芸繊維大学、桑沢デザイン研究所のほか、欧米、アジア各国の大学等でサスティナブルデザインの講義やワークショップを行っている。
2014年よりキッズデザイン賞審査委員長、多摩美術大学客員教授。

第6期 受講生募集を開始

STRAMD OSAKA 第6期概要

東京本校の年間約50回ある講座から中西先生の基幹講座を選りすぐった映像による講義を軸に、チームでの課題研究の実践と発表、中西先生による直接講義(期間中2回)を実施。全7回にエッセンスを凝縮した「梅田MAG」ならではの充実の内容となっています。
また今期は、東京本校で好評の益田文和先生を特別講師にお招きして「サスティナブルデザイン論」をご講義いただきます。

東京本校では総額60万円の本講座を凝縮した「STRAMD OSAKA」で、デザイン思考の扉を開いてください。

STRAMD OSAKA 第6期概要(PDF)

開催概要

基幹講師 中西元男先生
(PAOSグループ代表・戦略デザインコンサルタント)
特別講師 益田文和先生
(株式会社オープンハウス代表取締役・デザインコンサルタント)
開催期間 2017年10月3日~11月21日(全7回)
時間 19:00-21:00
会場 ハービスOSAKA 5F貸会議室
受講料 28,000円(税込)
定員 25名

講座スケジュール

第1回 10月3日(火) オリエンテーション 直接講義*
第2回 10月10日(火) 事例研究(1) 映像講義
第3回 10月17日(火) 事例研究(2) 映像講義
第4回 10月24日(火) 特別講義:サスティナブルデザイン論 直接講義*
第5回 10月31日(火) 事例研究(3) 映像講義
第6回 11月7日(火) 事例研究(4) 映像講義
第7回 11月21日(火) 課題発表会 直接講義*
* : 直接講義
直接講義時は、講義終了後、先生方を交えた懇親会を予定しています。(但し、実費ご負担となります。)

昨年度の事例研究は「ブリヂストン(業界世界一を目指して)」、「キリンビール(ブランド体系の再構築)」、「日本電子(デザインによる経営革新)」、「ベネッセ(地方企業から世界企業へ)」等でした。

お申し込み・お問い合わせ